導入パソコン
TurboLinx日本語版3.0
インストール方法
以上で、インストーラの設定は終了する。しかし、再起動後はグラフィカルログインができない。
XFree86のインストールが失敗しているためであり、この不具合を解消するには、Video Card Trident用の
Xserverパッケージを追加する必要があるようだ。
root/ppp/pap-secretsの内容
# Secrets for authentication using PAP
#
NIM-******** ppp1 ######## ← NIM-の次にユーザーネーム*〜*を、#〜#にパスワードを書く。
NIM-******** ppp0 ######## ← NIM-の次にユーザーネーム*〜*を、#〜#にパスワードを書く。

root/sysconfig/networkの内容(例えばNiftyserveにアクセスする場合)
NETWORKING=yes
HOSTNAME=********.nifty.ne.jp
DOMAINNAME=nifty.ne.jp
FORWARD_IPV4=no
TIMESERVERATBOOT=no
TIMESERVERTYPE=ntp
TIMESERVERHOST=(none) TIMESERVERRESYNC=(none)
GATEWAYDEV=
GATEWAY=
root/etc/sysconfig/network-script/qifcfg-ppp0の内容
PERSIST=no
DEFROUTE=yes
ONBOOT=yes
INITSTRING='AT@O3' ← PHSにてインターネットするATコマンド
MODEMPORT=/dev/modem
LINESPEED=115200
ESCAPECHARS=no
DEFABORT=no
HARDFLOWCTL=yes
DEVICE=ppp0
PPPOPTIONS=
PAPNAME=NIM-******** ← NIM-の後にユーザーネームを入れる。
REMIP=
IPADDR= BOOTPROTO=none
MTU=
MRU= DISCONNECTTIMEOUT=
RETRYTIMEOUT=
USERCTL=yes
DEBUG=yes
root/etc/HOSTNAMEの内容
********.nifty.ne.jp
root/var/run/stabの内容
Socket 0: Serial or Modem
0 serial serial_cs 0 ttyS1 4 65
Socket 1: empty
root/proc/modulesの内容
serial_cs 1 0
ds 2 [serial_cs] 2
i82365 5 2
pcmcia_core 9 [serial_cs ds i82365] 0
ppp 5 0
slhc 2 [ppp] 0
nls_iso8859_1 1 1 (autoclean)
nls_cp437 1 1 (autoclean)
vfat 4 1 (autoclean)
opl3 3 0
uart401 2 0
sound 16 [opl3 uart401] 0
root/tmp/turbopppconfg.logの内容
TurboLinux PPPConfig version 2.2.2
-----------------------------------
* myPhone []
* myLogin [********]←自分のユーザネーム
* myPass []
* mydialCmd []
* mystaticip []
* myinitString [ ATZ] ← ATコマンドの初期化
* USEPAP [*]
* ONBOOT [*] * STATIC IP [ ]
* PERSIST [ ]
* /dev/modem symlink is /dev/cua1
* ppp_read_ok: [1]
* phone: 123-456-7890##3 ← ##3はPIAFSに対応の意味
* PPP Phone number = [123-456-7890##3] ← ##3はPIAFSに対応の意味

root/etc/pcmcia/serial.optsの内容
# Serial device configuration
#
# The address format is "scheme,socket,instance".
#
case "$ADDRESS" in
*,*,*)
# Symbolic link to dialout device
LINK="/dev/modem"
# Options for 'setserial'
SERIAL_OPTS="spd_vhi" ← "spd_vhi"に変更
# Should we create an inittab entry for this port?
#INITTAB="/sbin/mgetty"
;;
esac
Video Card Trident用のXserverを追加する
Xtrident-2.0-0.i386.rpmを追加する。
Ktermで漢字が使える様にする。
Kterm*****.rpm
Kinput2****.rpm
Wnn4-4.2-5TL.i386.rpm
Wnn4-devel-4.2-5TL.i386.rpm
kanji18-0-2TL.i386.rpm
Canna-3.5b2-10TL.i386.rpm
Canna-devel-3.5b2-10TL.i386.rpm
以上のパッケージを追加する。
インターネットの設定
TurboLinux日本語版3.0を再起動し、rootでLoginする。
ネットワーク接続アイコンをクリックし、ネットワーク接続設定を行う。
  • Network Configurator[Names]
  • Hostname:*******@nifty.ne.jp
  • Domain:nifty
  • Search for hostname in additional domains:
  • Nameserver:
      202.219.63.254
      202.219.63.253(※ネットワーク管理者に確認の事)

Network Configurator[Interfaces]でppp0をダブルクイックし、Edit PPP Interfaceウインドウを開く。
  • Edit PPP Interface
  • Hadware Device PPP0
  • Modem Init Staring:AT@O3
  • Modem Dialcammand:ATDT
  • Phone Number:123−456−7890##3
  • PAP
    • Send usersname:NIM−********
      Username:NIM−********
      Secret:#######
TurboLinux日本語版3.0を再起動させる。
以上で、TurboLinux日本語版3.0が立ち上がるはず。